2010年04月02日

【もらってうれしい贈り物】柿の葉ずし 総本家平宗(産経新聞)

 □宝酒造環境広報部広報課 岸田賢さん推薦

 ■力強い味 お酒にピッタリ

 「私が一番好きな“お酒の友”。力強い味付けで、清酒や焼酎に合う」

 宝酒造環境広報部広報課の岸田賢さんのおすすめは、総本家平宗(本店・奈良県吉野町)の「柿の葉ずし」。谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」にも出てくる逸品である。

 柿の葉ずしは、シャリにサバやサケなどのネタをのせ、柿の葉っぱでくるんだ押しずし。奈良県出身の岸田さんにとっては中高生のころから慣れ親しんできた味だが、最近は旅行や出張の車中でほおばるのが「ぜいたくな時間」という。

 総本家平宗は文久元(1861)年創業。吉野で料理旅館を営みながら、来訪者に柿の葉ずしを提供していた。戦後、大都市の大阪市などでも販売するようになり、郷土食の色彩が濃かった柿の葉ずしの名前を他地域に広めていった。

 平井直之社長の長男で、工場長の平井陽出一(ひでかず)さんは「先代から受け継いだ味を変えずにやってきた」と強調する。

 一方で柿の葉ずしの製造販売業者は全国に存在し、ライバルとの差別化のためにも創意工夫は怠らない。最近は「奈良らしさ」に徹底してこだわった品ぞろえに注力。「名水百選」のひとつ、吉野のごろごろ水で炊きあげたシャリを使った柿の葉ずしをインターネット販売限定で展開したり、塩漬けにした桜の花や葉を刻んでシャリに混ぜ込んだ「柿の葉ずし さくら」を春向けに投入している。

 売れ筋はオーソドックスなサバの6個詰め(760円)など。「製造日の翌日に召し上がるのがおすすめ」と平井さん。詳しくは同社ホームページ(http://www.kakinoha.co.jp/)。

避難誘導マニュアル 市区町村67%未作成(産経新聞)
大阪の府立高教頭が大麻所持、現行犯逮捕(産経新聞)
小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪−条項に再発防止策も・札幌地裁(時事通信)
<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(毎日新聞)
<無人偵察機>実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場(毎日新聞)
posted by h7icxwv8ia at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

<子ども手当法>成立 6月から支給(毎日新聞)

 中学生以下の子どもに1人当たり、月1万3000円を支給する子ども手当法が26日午前、参院本会議で民主、社民、国民新の与党3党と公明、共産両党などの賛成多数で可決、成立した。子ども手当は民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた目玉政策で、6月から支給が始まる。ただ、11年度以降に満額の2万6000円に引き上げるための財源への不安や、支給対象に対する異論もあり、政府は4月以降、制度の枠組みを練り直す方針だ。

 手当は年4回支給され、6月は4、5月の2カ月分(2万6000円)、10月と11年2月は前月までの4カ月分(5万2000円)、11年6月に2、3月の2カ月分(2万6000円)が支給される。所得制限はない。

 法律は10年度限り。政府は来年の通常国会に11年度以降を対象とした法案を提出する。しかし、11年度に必要な5兆円程度の財源にはメドが立っていない。また、国籍に関係なく親が国内に居住していることが支給要件に含まれるため、海外赴任中の日本人が受給できない一方、在日外国人は子どもを母国に残していても支給されるなどちぐはぐな点もあり、政府は要件の見直しを余儀なくされている。【鈴木直】

【関連ニュース】
国家戦略室:ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当
子ども手当法案:参院で審議入り 国内居住要件は今後検討
余録:子ども手当
<毎日かあさんち>子ども手当&待機児童 09年9月
子ども手当:給食費滞納者は現金で 栃木・足利市、市役所窓口で納付促す

伊豆諸島南部に暴風警報…気象庁(読売新聞)
鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
<不当表示>台湾産ウナギを「国産」 「日本一」に改善命令(毎日新聞)
甲子園出場の開星高教諭 学校トイレにカメラ設置か(産経新聞)
<落とし物横領>現金抜き取りの元警官に有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
posted by h7icxwv8ia at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ロイヤルホスト、80年代のメニュー復活(産経新聞)

 ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を運営するロイヤルホールディングスは24日、6月14日の「ロイホの日」を記念して、1980年代に販売した人気洋食メニュー4品を5月11日(火)から6月16日(水)の期間に全国のロイヤルホストで販売すると発表した。

 復活2回目となる今回は、WEBサイトと携帯サイトで80年代に人気を博した洋食9品から復活して欲しいメニューを募集。その結果、上位に入った「ビーフドリア」「ジャンバラヤ」「タコス」「プリンアラモード」の4品が選ばれた。

 6月14日の「ロイホの日」は「ロ(6)イ(1)ホ(4)」にちなみ、昨年から全国のロイヤルホストで始めた記念日。昨年の復活メニューは1週間のみの期間限定販売だったが、好評につき今年は1カ月強に期間を伸ばして実施することになった。

【関連記事】
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!?
ホットケーキが500円で食べ放題 ロイホがキャンペーン
“くろくろ”バーグが100万食突破 ロイヤルHDが4カ月で
「てんや」を完全子会社に ロイヤルがTOB
100%国産の「黒×黒ハンバーグ」 ロイヤルホスト、品質で巻き返し
医療最前線 ドラッグ・ラグの行方

傷害を傷害致死に切り替え 裁判員裁判に 東京・江戸川の長男虐待死(産経新聞)
治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題(医療介護CBニュース)
「離婚する確率」30% 40年前の4・5倍に 厚労省統計(産経新聞)
<雑記帳>謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)
アシアナ航空がオーバーラン=報告は2日後、国交省が注意−開業間もない茨城空港(時事通信)
posted by h7icxwv8ia at 03:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。